新阿武山病院
リンク
診療受付時間
きづな会
お問い合わせ

精神療法

  ひとりで悩んでいると、なかなか良い解決策を得られないことがあります。本人の悩みを受け止め、その悩みを解決するための方法を一緒になって考えていきます。

薬物療法

  社会で生活していくための様々な機能に障害をもたらすことないような薬の処方に努め、生活の質的な向上を図ります。医師内部で共同して処方の最適化を共有しています。

心理教育

  病気の自己管理ができるよう、疾病に対する心理教育的アプローチを行なっています。疾病教育の充実が治療効果の向上につながります。

チーム医療

  医療スタッフがチームで対応していくだけではなく、患者さんも一緒になったコラボレーション医療をおこないます。そのために、患者さんは治療の主体でありそのチームの一員です。

社会参加と質の高い生活

  院内で完結してしまう治療ではなく、地域の社会資源(保健所や地域活動支援センター、就労支援センター等)との連携を重視した地域医療をおこないます。自助グループ(同じ病気の悩みを持つ仲間が集い、語り合う場)への橋渡しや活動の支援にも力を入れています。